事業計画と連動した人材マネージメント/目標マネージメントを実現

活用フェーズ


活用フェーズ概要

活用フェーズ概要



人材データベースとして、人材戦略に活用できる

人材・組織の最適化ができる

  • 任意のポジションやプロジェクトに最適の人材を企業全体の中から効率的に探し出せます(基本属性、業務経歴、保有資格、スキル等の要素を 組み合わせて検索できます)
  • 検索に必要なデータは日常的に人材データとしてデータベースに蓄積されています

人材開発の指標を立案できる

  • 計画的に「必要な人材」「欲しい人材」を育成できます(モデル人材を設定、必要な実務経験を明確にし、候補人材に効率的に業務担当させることができます)
  • 「すでに経験した業務」と「必要だがまだ経験していない業務」を可視化して明示できます
  • 人事・現場マネジャー・本人に情報を提供、確実な人材開発をサポートできます

意思決定のためのデータ提供、シミュレーションができます

  • 戦略的人事システムは、最終的な判断・決定を行う人間の意思決定をサポートします
  • 判断・決定の材料となるデータの提供、シミュレーションができます
  • データを加工してわかりやすい形(グラフ、チャートなど)に可視化することで、マネジメントに必要な気づき」を生み出すことができます


 ※ サイト内の記載事項は予告なく変更することがあります